YS電子工作ラボ

PIC32MZ評価ボード
サンプルプログラム


プログラムの使用、またプログラムの一部使用に伴う損害、障害、トラブル等に関しての責任は一切負いません。すべて自己の責任で使用して下さい。 
 
   ・PIC32MZ評価ボード MZ100-A001( → 購入先 )で動作するプログラムを参考として用意しています。必要に応じてご利用ください。
・PIC32MZをつかう場合、 マイクロチップが用意してくれているHarmonyを使うことをお薦めします。 Harmonyなしで、USB制御、ファイルシステム、ネットワーク等を扱うのは まず不可能です。 もちろん タイマーやシリアル通信をつかっただけのプログラムであればHarmonyなしでもできますが この場合でも MHC(MPLAB Harmony Configurator)と云うHarmonyのプログラム仕様を設定するリスト設定ツールを使うとはるかに簡単にプログラムを作成することができます。
・プログラムのプロジェクトファイル 及びその説明はその開発時点のHarmonyのバージョンのものです。 バージョンによりMHCの画面内容などが異なる場合があります。 また、Harmonyは、ライブラリによって上位互換性がない場合が多々ありますのでHarmony Release Noteなどを確認してください。
サンプルプログラム(プロジェクトファイル)をコピーするフォルダについては以下のURLを参照願います。プロジェクトファイルのコピー位置が間違っていると再コンパイルできないので注意してください。 → URL 
・誠に恐縮ではありますが 下記一覧表の中で 背景色が灰色()になっているサンプルソフトは、PIC32MZ評価ボード MZ100-A001を購入していただいたお客様のみが<解説>の閲覧 及びプロジェクトファイルのダウンロードができるようにさせてもらっております。(→ URL)

  
分類 サンプルプログラム概要 プログラム
実行
動画
制御内容 DownLoad
&
解説
備考
I/O出力    LEDフリーラン点滅:
 LEDの1sec ON/1secOFFの繰り返し
URL NOPによる遅延を使う場合  URL はじめてHarmonyをやる方におすすめです。
タイマ割り込み(Static Timer Drivers Library)を使った場合  URL  
タイマ割り込み(Dynamic Timer Drivers Library)を使った場合  URL   
HarmonyのTimer System Service を使った場合 URL  ★これがHarmony流の遅延時間制御です。
キャラクタ液晶表示方法
  (4ビットパラレル制御)

 キャラクタ液晶の表示文字を2sec毎に変更
 URL NOPによる遅れ関数のライブラリ作成
キャラクタ液晶制御:4ビットパラレル
URL  キャラクタ液晶表示方法についての説明があります。
I/O入力 スイッチによるLED ON/OFF:
 スイッチを押している間ON、スイッチから指を話すとOFF
URL I/Oポートの読み書き URL  はじめてHarmonyをやる方におすすめです。
スイッチによるLED ON/OFF:
 スイッチをクリックするとON/OFF
URL 外部割込みを使った場合 URL   
入力変化割り込みを使った場合 URL   
UART   PIC-TeraTerm間文字列送受信
 Tera Term(PC)とPIC32MZ間の文字列の送受信文字をTera Termに表示
URL  PIC32MZとPC間のRS232Cによる送受信制御、UARTダイナミックライブラリ URL 
PIC-VC#間文字列送受信
 VC#作成アプリとPIC32MZ間の文字列送受信の結果をPCモニタとキャラクタ液晶に表示
URL  PIC32MZとVC#アプリとのRS232Cによる文字列送受信
UARTスタティックライブラリ
URL   
SPI  DAコンバータ制御
 DAコンバータMCP4922をSPIで制御して正弦波の電圧を出力
URL  SPIスタティックライブラリ
タイマスタティックライブラリ
(インターバル割り込みタイマ)
URL   
フラッシュメモリ読み書き
 16MビットのフラッシュメモリSST25VF016を読み書きして結果を液晶に表示
URL  SPIダイナミックライブラリ URL   
I2C  I2Cインターフェース
     キャラクタ液晶表示

1秒間隔で液晶表示モードの切り替えとLEDのON/OFFの繰り返し
URL  I2Cダイナミックライブラリ URL  I2Cの通信制御部分はHarmonyのライブラリ関数を使わず、レジスタを直接制御しています。 
I2Cインターフェース
     EEPROM読み書き
起動してEEPROMに書き込んだ文字列を2秒間隔で読みだして液晶に表示
URL  I2Cスタティックライブラリ
表示するキャラクタ液晶もI2Cインターフェースです。
URL 
OC  PWM + LPF(ローパスフィルタ)の
        DAコンバータ

PWM出力+LPFで三角波形の電圧を作っています
URL  OCスタティックライブラリ
タイマ1、2はダイナミックライブラリ
(スタティクのプロジェクトファイルもダウンロードできます。)
URL   
PWMによる
    唱歌「ふるさと」

PWM出力を超小型スピーカで駆動して音を出しています。
URL  OCスタティックライブラリ URL   
AD変換  1ch 1ADC変換
 1チャンネルのアナログ電圧をデジタルに変換して値をキャラクタ液晶に表示
URL  分解能12ビット
専用(Dedicated)ADC x1
URL   
2ch 2ADC高速同時変換
 2チャンネルのアナログ電圧を別々の専用(Dedicated)ADCで高速にデジタル変換してキャラクタ液晶に表示
URL  分解能12ビット
専用(Dedicated)ADC x2
URL   
RTCC RTCCモジュールによる
  時刻表示とアラーム発生

年月日 曜日 時刻の液晶表示 とアラーム発生 及びアラーム発生液晶表示
URL  SOSCによるRTCCモジュール動作
RTCCアラーム割り込み
RTCCピン出力
URL  SOSC: 32.768KHz
DMA 外部端子への転送
メモリ上にあるデータをDMA転送で外部端子に転送してLEDを点滅します
URL  メモリデータを外部ポートに転送
インターバルタイマによるDMAのトリガ
DMAチャンネル自動起動
URL   
ファイル  ファイル読み書き
SDカードにファイルを作成して文字列を書き込み、その後読み出します。 
URL  ファイルオープン、クローズ
ファイルリード、ライト
URL   
ファイル コピー、削除
SDカードのファイルのコピー、削除 及びフォルダの作成などを行います。
URL  ファイル コピー、削除
フォルダ作成
URL   
USB
(デバイスモード)
 
PIC-PC間  HIDクラス
I/O制御(LEDのOnOff、SW・VR電圧読込)

LED_OnOff制御、 SWと可変抵抗器電圧の読込と表示
URL  USB (デバイスモード)接続によるリアルタイムI/O制御
URL  HIDクラス
PCのプログラムは、VC++2012版VC#2017版があります
PIC-PC間 CDCクラス
文字列送受信
VC#で作成したPC側プログラムとPIC間との文字列の送受信
URL  USBを仮想COMポートにみたてて制御
USBコネクタの脱着検出
URL  PCのプログラムは、VC++2017版VC#2017版があります
WndProc( )関数のコールバックによるUSBコネクタの脱着検出制御
USB
(ホストモード)
 
USBメモリ 読み書き
USBメモリが挿入されるとファイルを生成して文字列を書き込み、その後読み出し表示します。
URL  USBデバイス挿入検出
ファイル生成、ファイルオープン
ファイルリード
URL  MSDクラス
USBキーボードのキー出力表示HIDクラス

各キーの文字や記号 またキーコードをキャラクタ液晶とTera Termに表示します。
URL  キャラクタ液晶:I2C制御
PIC - PC間:UART制御

機能キー(Esc、Tab、Deleteなど)のキーボード印字なども表示します
URL  キーボードは日本語109キーボードです。
PICにキーボードをつないで制御するサンプルとしておすすめです。
グラフィック     INT035 評価ボード デモソフト
bmp画像表示、LEDのタッチオンオフ、直線・円・長方形の描画及びスライドショー
URL  ・グラフィック液晶INT035
・タッチパネル
・I2C液晶表示
URL  商品紹介用
LED タッチ オンオフ
液晶上のボタンをタッチすることによりキバン上のLEDをオンオフします。
URL  ・グラフィクライブラリの組み込み方
・グラフィクに於けるMHCの設定方法
・グラフィックコンポウザーの使い方
・イベントハンドラーの組み込み方 
URL  グラフィック入門に最適です。
INT035以外   INT018 デモ 
 2つの画面を2sec毎に交互に繰り返し表示します。
 URL INT018は、1.8" 160 x 128 pixel のグラフィック液晶です。タッチパネル機能はありません。  URL INT018は、YS電子工作ショップでは取り扱っておりません。 直接通販などでお求めください。
 (購入先例 → URL )
INT028, INT024, INT022 デモ

 2つの画面を2sec毎に交互に繰り返し表示します。
URL  INT028, INT024, INT022は QVGA(320 x 240 pixel)の それぞれ 2.8", 2.4", 2.2"のグラフィック液晶です。タッチパネル機能はありません。 URL  INT028, INT024, INT022は、YS電子工作ショップでは取り扱っておりません。 直接通販などでお求めください。
 (購入先例 → URL )
INT048 デモ
bmp画像表示、LEDのタッチオンオフ、直線・円・長方形の描画及びスライドショー
URL  INT043は、4.3" 480 x 272 pixel のグラフィック液晶です。タッチパネル機能付です。 URL 
(→購入者様
INT043は、YS電子工作ショップでは取り扱っておりません。 直接通販などでお求めください。
 (購入先例 → URL )
INT070 デモ
bmp画像表示、LEDのタッチオンオフ、直線・円・長方形の描画及びスライドショー
URL  NT070は、7.0" 800 x 480 pixel のグラフィック液晶です。タッチパネル機能付です。 URL
(→購入者様
 INT070は、YS電子工作ショップでは取り扱っておりません。 直接通販などでお求めください。
 (購入先例 → URL )