無線



 Bluetooth
 ■ 概要
    2.4 GHz帯を使う近距離無線、通信距離はmax 10 ~ 400m

 ■規格

Version 制定
年月
要約  記事  備考 
1.0 1999年      
1.1 2001年   最初の普及バージョン  
1.2 2003年 WiFiとの干渉対策 追加 無線LAN(Wi-Fi)との干渉を避けるAFH(Adaptive Frequency Hopping)対応  
2.0 2004年 大容量伝送で 3Mbps伝送 追加 容量の大きいデータを通信する際に最大通信速度を3Mbpsの通信に切り替える Enhanced Data Rate (EDR) がオプションで追加できるようになった  
2.1 2007年 省電力機能 追加
簡易ペアリング 追加
・消費電力を削減する「Sniff Subrating」機能を追加
・簡略化されたペアリング「Secure Simple Pairing」機能を追加
 
3.0 2009年
  4月
HS(24Mbps)通信 追加 ・ Protocol Adaptation Layer(PAL)を採用し、最大通信速度が24Mbpsとなる High Speed (HS) がオプションで追加できるようになった  
4.0 2009年
 12月
BLE省電力型 追加
ホストにDual mode(BR/EDR or BLE)
  実装オプション 追加
従来からの Bluetooth Basic Rate/Enhanced Data Rate (BR/EDR) に加えて、BR/EDR に比べ大幅に省電力化された Bluetooth Low Energy (BLE) が追加された。Bluetooth SIGが公開する資料によれば、ボタン電池1つのみでも数年駆動可能としている。転送速度は1Mbpsだが、データパケットサイズが8 - 27オクテットと非常に小さくなっている。これは、例えば家電製品などに搭載されたセンサとのデータ通信に向けた仕様となっている。この点が BR/EDR と方向性が異なっており、互換性が無く、ベンダは BR/EDR と BLE をそれぞれ目的別に採用するものとされている。ホスト側は両方を組み込んだ「デュアルモード」を実装できる。  
4.1 2013年 BLEにモバイル機器との干渉対策 追加
BLEにインターネット接続機能 追加
BLEにホスト/クライアント同時機能 追加
Bluetooth Low Energy に モバイル端末向け通信サービスの電波との干渉を抑える技術、データ転送の効率化、自動の再接続機能、直接インターネット接続できる機能、ホストとクライアント同時になれる機能、が追加された  
4.2 2014年 BLEのセキュリティ強化 追加
BLEの伝送速度の高速化 追加
(260kbps → 650kbps)
Bluetooth Low Energy に Data Packet Length Extension を追加し、通信速度(アプリケーションスループット)が260kbpsから650kbpsに2.5倍高速化。Bluetooth Low Energy が IPv6/6LoWPAN でインターネット接続できるようになる。  
5.0 2016年 BLEの到達距離4倍(400m/125kbps)
BLEの伝送速度を2倍(100m/2Mbps)
Bluetooth Low Energy のデータレートが2Mbps, 1Mbps, 500kbps, 125kbpsになり、2及び1Mbpsは従来通り到達距離が100m、125kbpsは到達距離が400mとなった  
         
         
         
         





■ WiFi

■ デバイス

デバイス
(アンテナ付き)
デバイス
系列 
開発キット メモ
 RN-131 Roving
Networks
RN-131-EK ・マイクロチップ
・価格: 9,800円/秋月電子
・2mmピッチコネクタ
・インターフェース: UART
  
・WiFlyCommand
ReferenceManua

 
WiFly click ・マイクロエレクトニカ
・価格: $69
・マイクロバス、2.54mmピッチ
・インターフェース: UART
ATWINC1510
ATWINC1510-
MR210PB:日本国総務省(MIC)認証
$8.32
Atmel
WiFi 7 click ・マイクロエレクトニカ
・価格: $29
・マイクロバス、2.54mmピッチ
・インターフェース:SPI
       
 MRF24WB0MA   WiFi Plus click  ・マイクロエレクトニカ
・価格 $45
・マイクロバス、2.54mmピッチ
・インターフェース:SPI
 MRF24WN0MA-I/RM100
$16.97
PIC32MZ Curiosity Board ・マイクロチップ 
・$47.99
・無線モジュール非分離